エンターテイメント


千鳥vsかまいたち』(ちどりかまいたち)とは、2021年1月3日の23:25 - 23:55に日本テレビと一部を除いた日本テレビ系列で放送され、2021年1月24日から3月28日まで全10回で日本テレビ系で毎週日曜日の12:45 - 13:15に放送されていたバラエティ番組であり、千鳥かまいたちの冠番組である。通称は『ちどかま』。
18キロバイト (705 語) - 2021年7月9日 (金) 08:34


そう考えると…お笑い御三家は『化け物』だなぁ^^;

1 jinjin ★ :2021/08/27(金) 00:10:10.65

くぃりむ、ネプチューン時代終了!? “お笑い世代交代”に懸念「後任も若くない」


第7世代の台頭、闇営業や脱税・不倫スキャンダルによるベテランの自滅と、ここ2年ほどで一気に激変したお笑い界の勢力図。
容姿イジリ・セクハラのタブー化、コア視聴率重視といった風潮も、この変化を加速させている。
そんなお笑い界に、改めて〝世代交代〟の風が吹き荒れていると話題だ。


8月19日、テレビ朝日は今秋の改編にて、5月に放送されたバラエティー『ウラ撮れちゃいました』を『かまいたち』MCで木曜19時台に放送すると発表した。
同時に『千鳥』のノブと弘中綾香アナウンサーがMCを務める『ノブナカなんなん?』も、現在の22時台から水曜19時台に昇格。
昨今人気の中堅2組が、一気に〝覇権芸人〟へと躍り出ることとなった。


「これまでテレ朝バラエティーの顔だったのは、『くりぃむクイズ ミラクル9』などの『くりぃむしちゅー』、『アメトーーク!』の『雨上がり決死隊』、『ロンドンハーツ』の『ロンドンブーツ1号2号』、『ナニコレ珍百景』の『ネプチューン』といった面々。彼らは長年同局を支えてきましたが、今回の改編で一気に世代交代が進んだ印象ですね」(テレビ誌記者)



お笑い界の世代交代が着々と進行中?
ネット上にも、今回の改編発表に関して

《ネプとくりぃむ切って、ノブとかまいたちか》
《ネプとくりぃむが打ち切りか ここら辺の世代の尻すぼみが始まってるな》
《ロンハーも賞味期限ギレだから 世代交代はいいことだと思うけど 千鳥かまいたちがもつとも思えない》
《世代交代といえば世代交代だけど、後任も決して若手とは言えない年齢》

といった声が。

やはり世代交代を印象づけているようだが、一方で後任も若くないなど、懸念も多いようだ。


「ここ2年ほどでのお笑い界は目に見える形で勢力図が激変しましたが、密かに着々と進んでいたのが中堅実力派の大御所化。気付けば、これまでひな壇ポジションだった芸人が、続々と冠番組やMCポジションを掴んでいました。20年近く番組を仕切る立場だった『くりぃむ』『雨上がり』『ロンブー』の時代が終わり、これからは『千鳥』『チョコレートプラネット』『サンドウィッチマン』『かまいたち』らが大物ポジションとして時代を担っていくでしょう」(お笑い評論家)


『AKB48』がオワコン化したアイドル界、『King & Prince』はじめ若手がセールス好調のジャニーズ、果てはお笑い界…。
2020年代に入り、芸能各界の世代交代は加速している。

https://myjitsu.jp/archives/299847



前スレ
【芸能】くぃりむ、ネプチューン時代終了!?  “お笑い世代交代”に懸念「後任も若くない」 かまいたち、千鳥ら10月からゴールデン進出
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1629902070/


(出典 encount.press)



(出典 www.sankei.com)


【【芸人】くぃりむ、ネプチューン時代終了!?  お笑い世代交代に懸念】の続きを読む


FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜』(エフエヌエス ラフ アンド ミュージック うたとわらいのさいてん)は、フジテレビ系列で2021年8月28日 18:30 - 23:10(JST)・8月29日 18:59 - 23:09(JST)に生放送される予定の大型特別番組。 番組テーマは「歌と笑いの融合」。
17キロバイト (1,738 語) - 2021年8月27日 (金) 17:46


二人の対談が聞きたいなぁ(^^)
ファンの夢…だなぁ

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/28(土) 06:05:32.63

8/28(土) 5:15配信
東スポWeb

オンエアが見ものだ

 お笑いコンビ「爆笑問題」がトリを務める事務所主催のお笑いライブ「タイタンライブ」に講談師・神田伯山(38)が出演。爆笑・太田光(56)とダウンタウン・松本人志(57)の〝不仲説〟をイジった。

 2年ぶりに同ライブに出演した伯山は、江戸時代の慶安事件が題材の「慶安太平記」を熱演し、大喝采を浴びた。もちろん、毒舌で知られるだけにこれだけで終わるわけはない。

 爆笑は、松本や中居正広、ナインティナインらがMCを務めるフジテレビの特番「FNSラフ&ミュージック」(28、29日)に出演する。

 伯山は「ネットで見たんですが、司会が松本さんだそうで。よくOKしましたね?」と、芸能界で都市伝説的に語られている太田と松本の〝不仲説〟という禁断のネタに斬り込んだ。

 太田が「OKも何も出ますよ。そりゃあ、別に出ますよ」と言えば、田中裕二も「質問の意味が分からないよ」とつれない返事。これにめげない伯山は「(出演したら)ダメでしょう。ダメですよね。話すことないでしょう?」と意地悪な笑顔を浮かべた。

 太田は「まだ俺らも何やるか聞いてないんだよ!」と言いつつ「見てのお楽しみだよ。でも撮影もソーシャルディスタンスだから、ギクシャクしないかな?と」と意味深に締めくくった。

 この2人の関係について、太田の妻で事務所社長の太田光代氏は過去の取材で「別に何もないですよ。会えば挨拶もするし」と不仲説を否定し「2人がちゃんと番組で向き合えば、面白いものができるんじゃないですか? 私も見てみたいです」と〝共演プラン〟を語っていた。

 太田と松本の共演は2014年3月31日の「笑っていいとも!」最終回以来となる。果たして今回はどういう結末を迎えるのか。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b869161d0d4f842f7bcc4a477b700d63accd3e52


(出典 saga.ismcdn.jp)





(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)





(出典 www.freelance-boyaki.com)


https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/F/FC0373/20200516/20200516134057.jpg


(出典 news.biglobe.ne.jp)


【【共演NG?】爆笑・太田が松本人志との〝不仲説〟に言及 神田伯山がブッコんだ!】の続きを読む


山田孝之主演「全裸監督 シーズン2」6月24日に配信決定、伝説の“ホラ貝”再び


NO.9404626 2021/04/17 10:40
山田孝之主演「全裸監督 シーズン2」6月24日に配信決定 超特報映像では伝説の“ホラ貝”再び

 山田孝之を主演に迎え“放送禁止のパイオニア”として時代の寵児となった村西とおると仲間たちの狂乱を描いたNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督 シーズン2」が2021年6月24日にNetflixにて全世界同時配信されることが決定。あわせて超特報映像&スペシャルアートが解禁となりました。

 「全裸監督」は2019年8月に全世界独占配信されるや否や、キャスト陣の渾身の熱演と痛快なストーリーで、社会現象と言っても過言ではない一大旋風を巻き起こした作品です。

 その続編となる「全裸監督 シーズン2」では、山田孝之をはじめとする主要キャストが続投するほか、新たなキャストとして恒松祐里、渡辺大知、MEGUMI、西内まりや、笠松将、増田有華、室井滋、吉田栄作、伊原剛志、宮沢りえ、石橋蓮司らの出演が決定。先日そうした豪華キャストが発表されたことも相まって、配信前から大きな注目を集めています。

 今回解禁となった超特報映像には、シーズン1で村西を覚醒させたミューズ・黒木香(森田望智)がそのキッカケともなった本作を語る上で、絶対に外す事の出来ない“ホラ貝”をゆっくりと手に取り吹き、妖艶な笑みを浮かべながら「お待たせいたしました」と語りかける姿が。

 あの村西節ともいえる「お待たせしました、お待たせしすぎたかもしれません」を彷彿とさせる期待感が膨らむ映像となっています。

 あわせて解禁となったスペシャルアートでは、シーズン1のキーアートで村西がカメラを担いで腰かけていたディレクターズチェアが空席となって再び登場。

 前作ではまさに“裸一貫”から業界の風雲児となった村西とおるの暴走爆走劇。「シーズン2でフィナーレを迎える」とされている本作では、どのようなストーリーが描かれ、どのような結末を迎えるのでしょうか?

情報提供:Netflix

【日時】2021年04月17日 10:30
【提供】おたくま経済新聞

【山田孝之主演「全裸監督 シーズン2」6月24日に配信決定、伝説の“ホラ貝”再び】の続きを読む


【あいみょん】『Mステ』での珍事を告白「初めて歌詞間違えました」

いやいや…人間らしく好感持ったなぁ

M山千春なんかァ「歌詞カードないと歌えない」…とのこと('ω')

NO.9519530 2021/05/29 18:00
あいみょん「初めて歌詞間違えました」、『Mステ』での珍事を告白しV6・井ノ原も指摘

画像:時事

28日に放送された「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)。

シンガーソングライターのあいみょんさんが出演しましたが、その歌唱シーンや共演者とのやりとりについて、ネット上で“ある話題”が生まれています。

一体、どのような話題となったのでしょうか?

28日に放送された「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)。

この日は番組内で『カラオケでアガる曲特集』の特別企画を実施。

シンガーソングライターのあいみょんさんや、アイドルグループ・V6の井ノ原快彦さん、三宅健さん、ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONSの白濱亜嵐さんらが実際に選曲した数曲の中から、生放送中にリモコン投票でNo.1を決定するという“視聴者参加型”の企画が話題となっていました。

また、スタジオではロックバンド・マカロニえんぴつが青春をテーマにしたCMソング『八月の陽炎』を、アイドルグループ・日向坂46が新センターを据えた楽曲『君しか勝たん』を、EXILE TRIVEの若手4組がSPメドレーを披露したことでも話題に。

そんな中でも特にネット上で注目されたのが、シンガーソングライターのあいみょんさんがスタジオで新曲を歌唱したシーン。

あいみょんさんはこの日、友人の菅田将暉さん主演のドラマ主題歌『愛を知るまでは』を披露したのですが、2番の歌詞を間違えて歌ってしまいました。

その後はトラブルもなく歌い切ったあいみょんさんでしたが、番組最後のエンディングトークで歌詞間違いがあったことをV6の井ノ原さんに指摘されてしまいます。

「あいみょん、歌詞間違えてたらしいじゃん!」と井ノ原さんに問い詰められたあいみょんさんは、「すみません!Mステで初めて歌詞間違えました!」と正直に暴露。

「頼むぜ!?」と声掛けをする井ノ原さんですが、なぜか共演者は失笑していました。

実はあいみょんさんが歌う直前に、V6は井ノ原さん主演のドラマ主題歌『僕らはまだ』をスタジオで披露。

この際、井ノ原さんも歌詞を飛ばしてしまうミスをしていたため、自分のミスを棚に上げて指摘する井ノ原さんの姿、そこをあえて触れずに乗っかるあいみょんさんの姿に共演者が笑っていたのでした。

実際にこのエンディングの2人のやりとりを見ていたファンからは、

≪あいみょんにダメ出しするイノッチwww≫

≪あいみょん、歌詞間違えたらしいじゃない?←お前もだろwww≫

≪いのっち流石やなぁ! あいみょんに歌詞間違い指摘の被せ≫

≪歌詞間違えたあいみょんを指摘するイノッチwwwお前もだろって言われてたwww≫

≪あいみょん、井ノ原さんがうるさくてごめんね笑≫

≪あいみょんの歌詞ミスをいじって「お前もだろぉ!」と健くんに責められる井ノ原くん最高だった….≫

≪あいみょんに押しつけるイノッチ笑った≫

≪あいみょんの歌詞間違い指摘して、お前が言うな言われるイノッチw歌わないのも歌という言い訳さすがだw≫

と、その掛け合いを楽しむ声が多く寄せられました。

番組終了後にはSNSで「井ノ原さんとなだめあいました」と投稿したあいみょんさん

息がぴったりの2人のやりとりでしたが、仲が良いからこそできた掛け合いだったのかもしれませんね。

(文:Quick Timez編集部)

【日時】2021年05月29日
【提供】Quick Timez

【【あいみょん】『Mステ』での珍事を告白「初めて歌詞間違えました」】の続きを読む


【お笑い漫画道場】富永一朗さん死去・少しエッチでとぼけた作風で人気博す

懐かしいなぁ 川島直美ちゃんと出会ったのは
この番組だったなー(^^)

NO.9500465 2021/05/22 13:35
少しエッチでとぼけた作風、「お笑いマンガ道場」出演の富永一朗さん死去…96歳
少しエッチでとぼけた作風、「お笑いマンガ道場」出演の富永一朗さん死去…96歳
  「チンコロ姐ちゃん」「ポンコツおやじ」など、少しエッチでとぼけた作風で知られた漫画家の富永一朗(とみなが・いちろう)さんが5日、老衰のため死去した。96歳だった。

 大分県の小学校教員を経て、1951年に上京。吉行淳之介さんに見いだされて漫画を描き始めた。60年から週刊誌で「ポンコツおやじ」、「チンコロ姐ちゃん」の連載を始め、健康的なお色気や独特のセリフ回しで人気漫画家の仲間入りをした。

 76年から放送された長寿番組「お笑いマンガ道場」にレギュラー出演し、盟友の漫画家、鈴木義司さんとの軽妙なやりとりでも親しまれた。78年には本紙で四コマ漫画「東京パンチ」を連載した。

 86年に「一朗忍者考」で日本漫画家協会大賞。98年に勲四等旭日小綬章。岡山県高梁市の吉備川上ふれあい漫画美術館の名誉館長を務めた。


【日時】2021年05月22日 11:52
【ソース】読売新聞


【【お笑い漫画道場】富永一朗さん死去・少しエッチでとぼけた作風で人気博す】の続きを読む

このページのトップヘ