コロナ関連


モト 冬樹モト ふゆき、1951年5月5日 - )は、日本のギタリスト、タレント、歌手、俳優、声優。本名、武東 裕男(むとう ひろお)。東京都豊島区巣鴨出身。デューズ所属(アミー・パークとの業務提携)。エド山口は実兄。血液型B型。 実家は開業医(産婦人科)。暁星小学校、暁星中学校・高等学校卒業。高
31キロバイト (4,036 語) - 2021年8月19日 (木) 10:20



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/12(日) 16:02:08.02

9/12(日) 15:06
東スポWeb

モト冬樹が延々と続くPCR検査に「いままで何回PCR検査受けたかなぁ?」
モト冬樹
 タレントのモト冬樹(70)が12日、ブログで延々と続くPCR検査を嘆いた。

 モトは近々に舞台稽古が始まることを明かした上で「その前にPCR検査 稽古半ば 本番前にもPCR検査 いままでに いったい何回 PCR検査受けたかなぁ?」と振り返った。

 検査を受けても仕事が中止になったこともあったといい「今回の舞台は 無事に公演されるといいけど」と願った上で「とりあえず 明日 またPCR検査を受けに行ってきます」とつづった。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/06a56beb71655c669a0ceba32f7929f37d1855e2


(出典 image.itmedia.co.jp)



(出典 geinou.4g63evo.net)



(出典 kogusoku.com)



(出典 bunshun.ismcdn.jp)



(出典 www.j-cast.com)



(出典 stat.ameba.jp)
?caw=800


【【モト冬樹】延々と続くPCR検査に…ウンザリ】の続きを読む


パトリックハーラン(Patrick Harlan、1970年11月14日 - )は、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングス出身のお笑い芸人。身長 184cm、血液型O型。 役者志望だったこともあり俳優や声優としても活躍している。流暢な日本語を生かしDJやMC、ナレーターもこなし、吉田眞とお笑いコ
31キロバイト (3,542 語) - 2021年9月9日 (木) 02:46



1 muffin ★ :2021/09/10(金) 16:52:26.18

https://www.news24.jp/articles/2021/09/10/08937698.html

コメンテーターとしても活躍する「パックンマックン」のパックンさん(50)。1週間の間に同居する長男、妻、長女、そして自身の4人が新型コロナウイルスへの感染が判明し、自宅療養していました。家庭内感染を防ぐ大変さや、新型コロナへの備えの大切さを伺いました。

家族の中で最初にPCR検査で陽性が確認されたのは14歳の長男。通学以外で外出することはほとんどなく、家族の中で1番外との接触が少なかったといいます。長男の感染が判明したあとすぐに自宅内に隔離部屋を作り、家族との接触を最小限にしていましたが、妻、12歳の長女、そしてパックンさんの感染が判明しました。

パックンさんは家族4人、一軒家で暮らしています。窓があって換気ができる物置のような場所に “隔離部屋”を作り、長男はそこで療養していました。その後妻の陽性が判明すると、妻もその部屋に。療養者の身の回りの世話は残った家族で手分けして行っていました。

家に2つあるトイレは“陽性者用”と“感染していない家族用”にわけたり、感染した家族が風呂を使うときには、LINEで連絡を取り合ったりするなど、極力接触を避けた生活を送っていました。

パックンさん:寝込んでいた長男が4日目から「お風呂に入りたい」と言って、これは我々が一番緊張したところ。家の全部の窓をあけて換気状態を良くして、長男1人でお風呂に行ってもらって、使った後のタオルもすぐに洗濯機に入れてもらって。でもそれが感染ルートだったかもしれない。部屋を通る時に息を止めろなんて言えないし、家庭内隔離は難題ですね。

隔離の難しさを実感しながらも、物理的な苦労よりも精神的な大変さの方が強く感じたというパックンさん。長男が1人で療養しているときに看病してあげられないつらさがあったといいます。

パックンさん:息子は高い熱を出している。嘔吐をしている。寝られない…。その唸り声というかわめき声を聞いて「うわ…近くで慰めたいのにな」と、この思いを抱えながら我慢しなきゃいけなかったのは大変でした。親として近くで看病できないというのは非常に苦しむところですね。(妻の陽性が判明した後に)息子と妻が同じ部屋に入ってお互いに看病し合えたのは、救いだったかと思います。

―療養中の家族の会話で印象に残っているものは

パックンさん:一番残るのはやっぱり「ごめんね」っていう子供が謝ってしまう瞬間。息子ほど常にマスクをつけている、消毒も徹底している人は知らないです。でも彼が先にかかってしまったことや看病してもらったことに「ごめんね」って言うんです。それがつらいですね。

――パックンさんが、いま伝えたいことは

パックンさん:災害と同じように、このコロナ感染も“いつ起きてもおかしくないような世の中”になっています。日本は震災の対策を事前にやっている方が多いと思うんですが、今のうちに“隔離生活の準備”もしておいた方がいい。自分がかかった場合は何を食べるのか、家族がかかったらどこに隔離するのか、隔離生活の間に誰に買い物に行ってもらうのか…。かかってからパニックになるんじゃなくて、「準備はしているから大丈夫だ」というその安心感があった方がどんなに気が楽だったのか。振り返ってみて反省するところでもあります。ぜひ皆さんにおすすめしたいと思います。


(出典 www.news24.jp)



(出典 money-bu-jpx.com)



(出典 cdn.mainichi.jp)
?1

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhcD1LjPo8yt_iUb5dR3d8r5m8rSD2r1Nf-NxZJIuHs6ftLKj8KGVn_RT18H6K_UY608nc_G1IPTsU19IlWU4uZw7yVpz-mteNzjeb0CXsUauAhFJyU6EE3q6tqMvDT5MUqFpSMd4-4LG49ckmGcnoQ=


【【芸能】家族全員新型コロナ感染のパックンが語る 看病できない苦しさと、つらかった14歳長男からの「ごめんね」】の続きを読む


「もっと早く菅首相には辞めていただきたかった」 【野々村真】… 政府対応を批判


NO.9816311 2021/09/06 20:11
「もっと早く菅首相には辞めていただきたかった」 野々村真、コロナ入院の経験踏まえ憤り… 息を切らしながら政府対応を批判
「もっと早く菅首相には辞めていただきたかった」 野々村真、コロナ入院の経験踏まえ憤り… 息を切らしながら政府対応を批判
新型コロナウイルス肺炎で入院していたタレントの野々村真(57)が6日、フジテレビ系「バイキングMORE」にリモート出演。自民党総裁選に不出馬を表明した菅義偉首相への憤りを息を切らしながら訴えた。

番組では、菅首相が当初は出馬意向を示し、党役員人事の刷新を検討しながら、逆風などで一転して不出馬表明に至った経緯を説明した。

 MC坂上忍から意見を問われると「申し訳ないですけど」と前置きした上で「もっと早く菅首相には辞めていただきたかったなくらいの思い」と吐露。「このような状況になって『今かよ』と」とあきれたように話した。

 コロナの感染拡大で医療が“災害レベル”にある中、総裁選などが行われると「国会も止まるだろうし…何も進まないじゃないか」とコロナ対応がより後手に回るのではと懸念。次第に声のトーンが上がり「生死をさまよった人間として言わせてもらいますけど、本当に今、この時点でたくさんの人がまた苦しんでいる」と声を震わせた。

 また菅首相が正当な評価を受けず、良さが伝わっていないと3日に悔し涙を流した小泉進次郎環境相の名を挙げ「泣きたいのは…泣きたくても泣けなくても苦しんでいるのは、今、集中治療室(ICU)に入っている人たち。そして亡くなった人たち、そのご家族」「この政治のおかげで命を失っていることを絶対忘れないでほしい」と怒りの感情を抑えられない様子で、息を切らしながら強い口調で意見した。

 野々村は7月30日に新型コロナの陽性が判明し、8月5日に入院。ICUに運ばれ、エクモ(人工心肺装置)使用一歩手前だったが、24日に退院した。

【日時】2021年09月06日 15:54
【ソース】中日スポーツ

【「もっと早く菅首相には辞めていただきたかった」 【野々村真】… 政府対応を批判】の続きを読む


誹謗中傷はブーメラン

1 朝一から閉店までφ ★ :2021/08/27(金) 07:46:09.09

2021.08.26

 新型コロナウイルスに感染し、25日に退院を報告したタレントの野々村真が26日、フジテレビ系「バイキングMORE」のインタビューに応じ、何気ない日常動作でも容体が悪化するというコロナの恐ろしさを明かした。
 野々村は7月30日に陽性反応となり、自宅療養するも、容体が悪化。なかなか入院できない中、ようやく救急搬送されたが、11日には容体が急変し、集中治療室へ運ばれるほどとなった。
 野々村は、用を足すためにトイレでいきむという行為だけで、血中酸素飽和度が下がり、容体が悪化したといい、ICUに運ばれるときは「記憶はほとんど残っていないが、断片的にICUという言葉は聞こえた。もう、俺、*んだなとぼんやり考えていた」ことも明かしていた。

https://www.daily.co.jp/gossip/2021/08/26/0014624147.shtml


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
?w=639&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


(出典 towatariyota.com)



(出典 pbs.twimg.com)



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
?w=640&h=508&q=90&exp=10800&pri=l


【【衝撃】 野々村真、トイレで容体悪化… ICU行きで「俺死ぬんだな」】の続きを読む


ざわちん(本名:小澤 かおり(おざわ かおり)、1992年8月16日 - )は、日本の女性タレント、マスクメイクを極めたマスクマイスター、目元メイクに特化した目元メイクスペシャリスト、eスポーツプレイヤー、YouTuber。群馬県太田市出身。 ものまねメイクのパイオニア的存在。日本では今までになかっ
50キロバイト (7,006 語) - 2021年8月18日 (水) 06:45


あれ~?マスクは~(^^♪

でも可愛いから、しなくてもいいよ

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/24(火) 12:18:32.78

8/24(火) 10:49
日刊スポーツ

ざわちん“反ワクチン派”から接種へ きっかけの親戚コロナ体験談を紹介
ざわちん(2019年2月撮影)
ものまねメークで人気のタレントざわちん(29)が、自身が“反ワクチン派”から転じて新型コロナウイルスワクチン接種を受けるきっかけになったという、コロナ感染した親戚の体験談を紹介した。

ざわちんは23日、インスタグラムのストーリーズを更新。接種を受けるべきか悩むフォロワーからの質問を受け、「2回目打ち終わりました」と報告した。

以前は「反ワクチン派でしたけど」というざわちんだが、英国在住の親戚が、ワクチン接種前および1回目接種後の2度、コロナに感染したといい、「ワクチン打つ前と打った後 辛さが全然違うって言ってて、ワクチン打つ前は、本気で*かもと思ったレベルで辛かったらしく、イギリスにいる親戚にもうつのママにも全員に最後の電話したレベルくらい。でもワクチン一回だけでも本当に全然良いって効果を感じたようだよ」と、その体験談を紹介。「今は若い子でも重症化してる人が多くなってきたのでみなさん、本当に気をつけて下さい」と呼びかけた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1e0b88f6c3535f6ca9dd5fa8ac2d6acc4dfa87d


(出典 stat.ameba.jp)



(出典 times.abema.tv)



(出典 data.be-story.jp)


【【物まねメイク】ざわちん“反ワクチン派”から一転…接種を受けた理由とは?】の続きを読む

このページのトップヘ