松本まりか


松本 まりか(まつもと まりか、1984年(昭和59年)9月12日 - )は、日本の女優、ナレーター、声優。 東京都出身。所属事務所はイトーカンパニー→Grick→A-team所属。 2000年にテレビドラマ『六番目の小夜子』で女優デビュー。同年から2001年まで雑誌『ピチレモン』(学研)のレギュ
60キロバイト (7,294 語) - 2021年8月18日 (水) 00:00


綺麗な女性は、若い頃も…文句無し

1 muffin ★ :2021/08/02(月) 15:14:31.20

https://www.crank-in.net/news/92464/1

女優の松本まりかが1日、インスタグラムを更新。自身の21年前のデビュー作『六番目の小夜子』が30日~1日にNHK総合で再放送されたことを受け、当時の写真を公開した。

『六番目の小夜子』は、とある中学校に伝わる「サヨコ伝説」と、この中学校に突然やって来た、奇しくも“サヨコ”という名の謎の転校生をめぐっての、少年少女たちの友情、そして、子どもたちにとって学校とは何かをミステリータッチで描く学園ドラマ。2000年4月~6月にNHK Eテレで放送された。原作は恩田陸のデビュー作である同名小説。

 本作には、当時10代だった鈴木杏、栗山千明、山田孝之、勝地涼、山崎育三郎といった面々が出演。松本は後半のキーパーソンとなる雅子役を演じている。雅子は鈴木演じる玲と同じバスケ部の友人で、明るく活発な少女。松本が投稿した当時の写真は、ショートヘアのまさに美少女だ。

 松本は「初めてのオーディション。私にとってはデビュー作となったドラマ『六番目の小夜子』」と、セーラー服を着用した当時の自身と共演の山田孝之とのコラージュショットを投稿。

 「中学三年生で、初めての仕事、大人の世界。何より演じることの面白さに取り憑かれたこの作品。ここから私の人生が始まるんだと、暗がりの朝、湧き出る希望を胸に、凍てつく真冬のNHKに通った日々が私の原風景です」と女優人生の第一歩を振り返った。

 さらには、21年ぶりに共演するという山田との2ショットも掲載し、松本は「どういう時の巡り合わせか、山田孝之くんと、その今日という日に、21年振りの共演をすることになりました」と報告。「今朝現場に入ると血だらけ汗まみれでパイプ椅子に座る彼の姿。並大抵の人生からは醸せないであろう、異様な美しさを放っていました」と改めて山田に対する印象をつづった。

 山田とは『六番目の小夜子』の話をしたといい、「孝之、美しかったね」と声を掛けたところ、「ココロは今の方が美しいよ」と返されたやり取りがあったことも明かしている。

 最後には「昨日より今日、今日より明日、来年、十年後、三十年後、より美しい生き方をしていける。自分の心持ち次第で。そんな風に21年前の友に教えられた日でした」と締めくくった。


(出典 www.crank-in.net)


(出典 www.crank-in.net)



(出典 nanasepn.com)



(出典 pbs.twimg.com)



(出典 cancam.jp)



(出典 www.ateam-japan.com)


【【女優】松本まりか『六番目の小夜子』21年前デビュー作の写真を披露!】の続きを読む


悲報【松本まりか】緊急搬送 サウナで意識を失い転倒し、顔面骨折

この場合…救急隊員は、男性なんだろうか??
気になって眠れない(>_<)
ともかく お大事に(ーー゛)

NO.9492238 2021/05/19 18:56
松本まりかが深夜の緊急搬送 サウナで意識を失い転倒し、顔面骨折
松本まりかが深夜の緊急搬送 サウナで意識を失い転倒し、顔面骨折
 女優の松本まりか(36才)が、都内のサウナで顔を強打し、骨折していたことが明らかになった。

 5月7日、深夜の東京──静寂を切り裂くように救急車のサイレンが鳴り響き、港区にある芸能人御用達の高級サウナ店の前で止まった。

「何事かと思いましたよ。この店は以前、TOKIOの松岡昌宏さん(44才)が脱水症状で倒れ、救急搬送された店でもあります。それだけに『もしかしてまた芸能人?』と詮索してしまいました。ほかの客に話を聞くと、どうやら女性専用ルームで倒れた人がいたようです」

 そう話す常連客の“推理”は正しかった。サウナで倒れたのは、ドラマ『最高のオバハン 中島ハルコ』(フジテレビ系)に出演中の松本まりか。いまドラマやバラエティーに引っ張りだこの旬の女優だ。

「松本さんはサウナから出たときに意識を失ってしまい、崩れ落ちるように倒れ、顔面を強打。緊急搬送され、病院で検査したところ、顔面の骨のうち鼻骨を骨折していることがわかりました」(芸能関係者)

 多忙な毎日を送る中で悲劇に見舞われた松本だが、本格的なブレークまでは時間がかかった。15才のとき、ドラマ『六番目の小夜子』(NHK、2000年放送)で女優デビュー。主要キャストとして注目を浴びたが、その後は、仕事がほとんどない時期もあったという。

 しかし、2018年放送のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)で主人公を追い詰める女性を演じた際の“怪演”ぶりが“あざとくてカワイイ”と大きな話題となった。

「5月21日から放送の、松本さんにとって連続ドラマ初主演となる『向こうの果て』(WOWOW)では、いくつもの..
【日時】2021年05月19日 16:00
【ソース】NEWSポストセブン
【関連掲示板】


【悲報【松本まりか】緊急搬送 サウナで意識を失い転倒し、顔面骨折】の続きを読む


『松本まりか』あざとかわいさに…ついて


林真理子、大地真央は「すごい目ヂカラ!」『最高のオバハン 中島ハルコ』撮影現場を訪問
…(大地)が、ひょんなことから知り合った庶民のダメンズ女子・菊池いづみ(松本まりか)を振り回しながら、東京と愛知を舞台に、世の中の悩みをぶった切っていく痛快ストーリー。
(出典:TV LIFE web)


松本 まりか(まつもと まりか、1984年(昭和59年)9月12日 - )は、日本の女優、ナレーター、声優。 東京都出身。所属事務所はイトーカンパニー→Grick→A-team所属。 2000年にテレビドラマ『六番目の小夜子』で女優デビュー。同年から2001年まで雑誌『ピチレモン』(学研)のレギュ
57キロバイト (6,919 語) - 2021年4月27日 (火) 07:29


声がまた…いいんだよなぁ(^^)

【『松本まりか』あざとかわいさに…ついて】の続きを読む

このページのトップヘ