熊田曜子


熊田 曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル、YouTuber。 関市立関商工高等学校商業科に在学中の高校3年生当時、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられた。その後看護学校
35キロバイト (5,165 語) - 2021年9月6日 (月) 11:35



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/07(火) 13:34:20.41

9/7(火) 13:22配信
デイリースポーツ

 熊田曜子

 タレントの熊田曜子(39)が7日午後1時から、YouTubeチャンネルで生配信を行い、離婚騒動後、SNSを配信出来なかったことに「ご心配をおかけしてすみませんでした」と謝罪の言葉を述べた。

 白い長袖ブラウス。髪は後ろで一部をまとめた清楚なスタイル。熊田は神妙な表情で「このYouTubeも配信が久しぶりになりました。数カ月、ご心配をおかけしてすみませんでした」と謝罪。

 5月に離婚騒動が発覚。週刊誌で夫側も反論するなど、泥沼の離婚騒動に発展し、代理人の弁護士をたてて離婚協議中となっている。

 熊田は自身のSNSなどにさまざまなメッセージが寄せられたことに触れ、「中には厳しいお言葉もあったりとか、胸に刺さるような言葉があったり。ちょっと考えなきゃいけないなと反省したこともありました」と明かした。


(出典 Youtube)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c4a2f66f7203e55bf6517eeab1d28e31253afe2


(出典 myjitsu.jp)



(出典 dot.asahi.com)


【【熊田曜子】「ご心配をおかけして」と生配信で謝罪…〔動画有〕 】の続きを読む


【熊田曜子】実話誌では早くも「AVデビュー」プラン進行! 」〔音声テープ公開〕

まいど~!! クマちゃんです!!
不倫はしてませんが、オモチャは持ってます❤
まだまだ、ヤバい話がごまんとありますので
楽しみにしてくださ~い(^^)


NO.9556608 2021/06/12 12:11
熊田曜子、実話誌では早くも「AVデビュー」プラン進行! 鑑定で精液反応、大人のオモチャ所持…芸能史に残る下品な騒動に!
熊田曜子、実話誌では早くも「AVデビュー」プラン進行! 鑑定で精液反応、大人のオモチャ所持…芸能史に残る下品な騒動に!の画像1
画像は、熊田曜子 公式インスタグラム より引用


 予想通り、犬も食わぬ“泥仕合”となった。タレントの熊田曜子と夫・A氏の離婚問題は「殺るか殺られるか」の潰し合いに発展した。

 そもそもの発端は、先月中旬、A氏が熊田に暴力を振るったとして、警視庁高輪署に暴行容疑で逮捕されたことだ。通報したのは熊田本人。A氏は書類送検され釈放されたものの、熊田はまだ被害届を取り下げていない。現在は弁護士を入れて話し合っており、離婚する決意を表明している。

「妻が夫を“逮捕してもらう”のですから、正常な夫婦関係ではありません。ある意味、一線を超えました。現在2人は憎み合う関係で、それぞれメディアを味方につけて個人攻撃を仕掛けています」とはワイドショー関係者。その中身というのがエゲツない。

 熊田サイドは「女性セブン」(小学館)と組んで、A氏のDVの苛烈さを証言。熊田の親族周辺から入手した音声データには、浮気を疑うA氏が「お前ぶっ殺すぞ、ほんと、マジで!」と激高する様子が収められている。関係者によれば「A氏は酒癖が悪く、酔うと狂暴になる。熊田さんが彼を恐れていたのは事実で、およそ5年前にも夫から暴力をふるわれ、警察沙汰になっている。そのころから何かあった時のために…と録音する習慣がついたそうだ」という。

 一方のA氏も黙っていない。妻の不貞行為を疑うA氏は「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)、「フラッシュ」(光文社)、「週刊女性」(主婦と生活社)にネタをリーク。隠すつもりはないようで、堂々と紙面で衝撃的な告白をしている。10日発売の文春では熊田が浮気相手を「プロ」と呼び、知人に「プロが本当に頼もしいと思ったのは、絶対ツーショットは撮られてないんだよ、全部別々に入ってるから大丈夫って」などと会話する様子が描かれている。さらに彼女のママバッグの中から「大人のオモチャ」が出てきたとも。スポーツ紙記者が困惑気味に話す。

「文春によれば、彼女に内緒でオモチャのヘッド部分を“鑑定”に出したところ、精液反応が出たというのです。性行為のお供に使ったという証明のようですが、これを暴露された熊田さんはたまったもんではありません。熊田さんの事務所社長は大激怒で、A氏の言い分を鵜呑みにした週刊誌に厳重抗議したそうです」

 熊田は浮気について全面否定しているが、大人のオモチャを所有していることについては否定しなかったという。

「一部男性ファンは歓喜していますが、熊田さんにとっては大ダメージです。いくらなんでも“大人のオモチャ”持ちを暴露するとはエゲツない。A氏はまだまだヤバイ話をごまんと抱えているようで、熊田さんがギブアップするまで小出しにしていくそうです」(別のスポーツ紙記者)

 一説にはA氏は熊田のLINE履歴や写真・動画フォルダの中身も把握しているという。実話誌では早くもプラン会議で「熊田のAVデビューネタ」が進行しているというが、一連の騒動ですっかりセックスシンボルとなってしまった感は否めない。

「離婚協議が不調に終われば、離婚裁判になります。3人の娘の親権についてともに譲る気配はなく、まさに泥沼状態。離婚裁判はマスコミも傍聴できるので、とんでもない話が次々と出てくる可能性があります」(前出スポーツ紙記者)

 前代未聞の“潰し合い”で得をする者は誰一人としていない――。


【日時】2021年06月11日 07:00
【提供】TOCANA

【【熊田曜子】実話誌では早くも「AVデビュー」プラン進行! 」〔音声テープ公開〕】の続きを読む


お騒がせ【熊田曜子】不倫疑惑の渦中でも、インスタの通常投稿にネット困惑

お元気そうで何よりです。^^;

NO.9568703 2021/06/16 18:04
熊田曜子、インスタの通常投稿にネット困惑「音声データにドン引き」
熊田曜子、インスタの通常投稿にネット困惑「音声データにドン引き」
タレントでグラビアアイドルの熊田曜子(39)が11日、自身インスタグラムを更新して話題になっている。

熊田といえば先月18日、会社経営者の夫が熊田への暴行容疑で逮捕されていたという報道後、最近ではその原因となったとされる熊田自身の不倫疑惑が浮上。

熊田の行動に不信感を抱いた夫が自分が不在時の自宅の様子を録音し、その音声データが公開され世間を騒がせたばかり。

そんな熊田だが、この日は「お姉さんの手作りアップルパイ」とつづり、熊田の姉と思われる人の手作りアップルパイを食べたことを写真とともに投稿した。

この投稿にインスタグラム上では「美味しそうですね」「更新してくれて嬉しいです」「元気そうでなにより」といった声が集まっていた一方で「普通に投稿していて大丈夫なの?」「音声データにドン引きしました」「裁判頑張って」といった声が。

夫婦で次から次へと噂が飛び交っている熊田。

そんな渦中でも普通の日常の内容を更新する彼女に応援するファンと、噂についてのコメントを残す人とどちらもいて、ある意味大盛り上がりの様子だった。
【日時】2021年06月16日 18:00
【提供】デイリーニュースオンライン

【お騒がせ【熊田曜子】不倫疑惑の渦中でも、インスタの通常投稿にネット困惑】の続きを読む


【熊田曜子のウーマナイザー】とは?「気持ちいいん?」

毎度お馴染み 熊ちゃんです!!
あの一件を飛び越えて、熊ちゃん愛用グッズが
ネットで、一人歩きしているようです(^^)

NO.9549599 2021/06/09 18:35
熊田曜子のウーマナイザーとは?「気持ちいいん?」とのコメント相次ぎ波紋広がる

画像:時事

8日、自身のインスタグラムを更新した熊田曜子さん。

投稿内容とは全く関係のない「ウーマナイザー」というコメントが寄せられ波紋が広がっています。

8日、自身のインスタグラムを更新した熊田曜子さん。

「YouTube has been uploaded. スウェーデン発 Happy Socks Candy Cafeに行ってきたよ。楽しかった。YouTubeを観てね」とつづり、自身のYouTubeチャンネルで投稿された内容の宣伝をしました。

熊田さんは同日付で、スエーデン発の「Happy Socks Candy Café」を訪れた際の様子をYouTubeに公開。

「オープン前で今日がイベントなんですね〜」とオープン前の撮影であることも明かしていました。

同カフェは、千葉県浦安市のディズニーリゾート内に位置する商業施設「イクスピアリ」にオープンをした店舗で、「“世界中のあらゆる場所に Happy とカラーを” 」をコンセプトに、世界中のカラフルなキャンディーやグミ、チョコレート、マシュマロなど、およそ100種類の中から量り売りができることも特徴。

熊田さんは動画内で、楽しそうにキャンディやグミを選ぶ様子や、自身のお子さんへソックスをプレゼントする様子を披露していました。

きらびやかな店内で楽しそうにショッピングをした熊田さん。

その様子をインスタグラムに投稿しておりファンからは「曜子さん可愛いです」「良い笑顔ですね。楽しいのが一番」などのコメントが寄せられていました。

一方インスタグラムでは「ウーマナイザーって何?」や、YouTube上でも「ウーマナイザーって気持ちいいん?」などのコメントも。

一見すると意味のわからないコメントですが、インスタを投稿した翌日の9日には、熊田さんをめぐって新たな週刊誌の情報が公開されており、その情報を元に「ウーマナイザー」という単語がネット上で一人歩きをしてしまうという経緯が。

この「ウーマナイザー」という単語には、

《ダメだ。 熊田曜子=ウーマナイザーのイメージになってしまった》

《熊田曜子のウーマナイザーはノンストップってこと?》

《熊田曜子の件でバックからウーマナイザーってあるけど、ウーマナイザーって何?》

《ウーマナイザーって初めて聞いたわ》

などの意見が寄せられていました。

事実、SNSで「熊田曜子」と検索をする「ウーマナイザー」という単語がサジェストされてしまうほど。

そして、全く関係のないインスタ投稿にまで飛び火をしてしまった「ウーマナイザー」。

実際は女性が性行為の際に使用する道具のようですが、熊田さんにとって関係のない単語であるだけに、コメント欄への書き込みは少々迷惑な話だったのかもしれません。

(文:服部慎一)

【日時】2021年06月09日
【提供】Quick Timez

【【熊田曜子のウーマナイザー】とは?「気持ちいいん?」】の続きを読む


衝撃!【熊田曜子】証拠の音声テープを公開、不倫相手を「プロ」と呼ぶ!

プロ…って、プロデューサーかぁ(^^)
いや~旦那さん、よく録音したねぇ
証拠バッチリや!!

NO.9556608 2021/06/12 12:11
熊田曜子、実話誌では早くも「AVデビュー」プラン進行! 鑑定で精液反応、大人のオモチャ所持…芸能史に残る下品な騒動に!
熊田曜子、実話誌では早くも「AVデビュー」プラン進行! 鑑定で精液反応、大人のオモチャ所持…芸能史に残る下品な騒動に!の画像1
画像は、熊田曜子 公式インスタグラム より引用


 予想通り、犬も食わぬ“泥仕合”となった。タレントの熊田曜子と夫・A氏の離婚問題は「殺るか殺られるか」の潰し合いに発展した。

 そもそもの発端は、先月中旬、A氏が熊田に暴力を振るったとして、警視庁高輪署に暴行容疑で逮捕されたことだ。通報したのは熊田本人。A氏は書類送検され釈放されたものの、熊田はまだ被害届を取り下げていない。現在は弁護士を入れて話し合っており、離婚する決意を表明している。

「妻が夫を“逮捕してもらう”のですから、正常な夫婦関係ではありません。ある意味、一線を超えました。現在2人は憎み合う関係で、それぞれメディアを味方につけて個人攻撃を仕掛けています」とはワイドショー関係者。その中身というのがエゲツない。

 熊田サイドは「女性セブン」(小学館)と組んで、A氏のDVの苛烈さを証言。熊田の親族周辺から入手した音声データには、浮気を疑うA氏が「お前ぶっ殺すぞ、ほんと、マジで!」と激高する様子が収められている。関係者によれば「A氏は酒癖が悪く、酔うと狂暴になる。熊田さんが彼を恐れていたのは事実で、およそ5年前にも夫から暴力をふるわれ、警察沙汰になっている。そのころから何かあった時のために…と録音する習慣がついたそうだ」という。

 一方のA氏も黙っていない。妻の不貞行為を疑うA氏は「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)、「フラッシュ」(光文社)、「週刊女性」(主婦と生活社)にネタをリーク。隠すつもりはないようで、堂々と紙面で衝撃的な告白をしている。10日発売の文春では熊田が浮気相手を「プロ」と呼び、知人に「プロが本当に頼もしいと思ったのは、絶対ツーショットは撮られてないんだよ、全部別々に入ってるから大丈夫って」などと会話する様子が描かれている。さらに彼女のママバッグの中から「大人のオモチャ」が出てきたとも。スポーツ紙記者が困惑気味に話す。

「文春によれば、彼女に内緒でオモチャのヘッド部分を“鑑定”に出したところ、精液反応が出たというのです。性行為のお供に使ったという証明のようですが、これを暴露された熊田さんはたまったもんではありません。熊田さんの事務所社長は大激怒で、A氏の言い分を鵜呑みにした週刊誌に厳重抗議したそうです」

 熊田は浮気について全面否定しているが、大人のオモチャを所有していることについては否定しなかったという。

「一部男性ファンは歓喜していますが、熊田さんにとっては大ダメージです。いくらなんでも“大人のオモチャ”持ちを暴露するとはエゲツない。A氏はまだまだヤバイ話をごまんと抱えているようで、熊田さんがギブアップするまで小出しにしていくそうです」(別のスポーツ紙記者)

 一説にはA氏は熊田のLINE履歴や写真・動画フォルダの中身も把握しているという。実話誌では早くもプラン会議で「熊田のAVデビューネタ」が進行しているというが、一連の騒動ですっかりセックスシンボルとなってしまった感は否めない。

「離婚協議が不調に終われば、離婚裁判になります。3人の娘の親権についてともに譲る気配はなく、まさに泥沼状態。離婚裁判はマスコミも傍聴できるので、とんでもない話が次々と出てくる可能性があります」(前出スポーツ紙記者)

 前代未聞の“潰し合い”で得をする者は誰一人としていない――。


【日時】2021年06月11日 07:00
【提供】TOCANA

【衝撃!【熊田曜子】証拠の音声テープを公開、不倫相手を「プロ」と呼ぶ!】の続きを読む

このページのトップヘ