女優


浜辺 美波(はまべ みなみ、本名同じ、2000年(平成12年)8月29日 - )は、日本の女優。愛称は「ベーやん」「みーちゃん」。石川県出身。東宝芸能所属。堀越高等学校卒業。 2011年、第7回『東宝シンデレラオーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。東宝芸能のシンデレラ
136キロバイト (17,455 語) - 2021年11月11日 (木) 09:10



1 ひかり ★ :2021/11/11(木) 11:41:26.60

 女優の浜辺美波が、スマートデバイス向けバトルロイヤルアクションゲーム『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER』(17日配信予定)のTVCMが、14日から放映を開始する。

 『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER』は、銃のほかに剣や魔法、召喚獣などが使用でき、初心者でも遊びやすい「新感覚のバトロワ」を目指し制作。バトロワ好きの人はもちろん、これまでバトロワジャンルをプレイしたことがない人にも本作の魅力を発信したいと考え、浜辺の起用が決定した。

 CMは、「ぜひ、御社のグローバル展開に…」と、面接会場でスーツ姿の浜辺が意気込みを語ると、窓の外にヘリが現れる。「すぐに、現場に出られますか?」と面接官が硬い声で聞くと、「……はい?」と浜辺。するとソルジャー候補兵の姿になっている浜辺が、神羅兵に囲まれ、気づけばヘリに乗せられ、戦場へ。浜辺が、戦いが繰り広げられるミッドガルに降り立つ……というストーリー。

 あわせて、メイキング映像も公開。ソルジャー候補兵の衣装をまとった浜辺が撮影現場に登場し、バトロワならではの銃を持ったシーンや、ヘリで戦場に向かうシーンを撮影。 今回のCMでしか見られない、ゲーム内を忠実に再現した衣装や、浜辺の凛とした表情に注目だ。

オリコン

https://news.yahoo.co.jp/articles/30f855bf45ec496a03d87c6139433c3a640d9d86

https://i1.wp.com/gameha*.jp/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-11_11-31-24_668917.jpg
https://i2.wp.com/gameha*.jp/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-11_11-31-24_693916.jpg
https://i2.wp.com/gameha*.jp/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-11_11-31-24_746750.jpg
https://i2.wp.com/gameha*.jp/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-11_11-31-24_801399.jpg

『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER』TVCM 「日常からバトロワ篇」



(出典 stat.ameba.jp)



(出典 prtimes.jp)



(出典 i.ytimg.com)
#404_is_fine


(出典 storage.mantan-web.jp)



(出典 s.eximg.jp)


【【浜辺美波】今度の戦場は、 FF7だ。」 ソルジャー候補兵に扮しCM登場】の続きを読む


長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年(昭和62年)6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。身長168cm。東宝芸能所属。 静岡県磐田市出身。堀越高等学校卒業。 父は元サッカー日本代表で、Jリーグ参入前のジュビロ磐田(ヤマハ発動機サッカー部)の監督を務めた長澤和明。
78キロバイト (9,599 語) - 2021年9月12日 (日) 07:59



1 フォーエバー ★ :2021/09/12(日) 10:00:10.46

女優の長澤まさみが12日放送のフジテレビ系『ボクらの時代』に出演。14歳で上京した自身を振り返り、現在の心境を率直に語った。

 映画『マスカレード・ナイト』で共演する木村佳乃、麻生久美子とのトークをおこなった長澤。2児の母である木村と麻生が子育ての話で盛り上がると、「すごいですね。仕事をしながら子育てして。なんか想像がつかないです、私」と感心した長澤に、2人は「すぐするよ」「そうなる」と語りかけた。

 子供時代についてトークが弾む中、「兄がいるんですけど」という長澤。「兄がちょっとおっちょこちょいな人だったんで、けっこうお母さんに怒られるのはお兄ちゃんって感じで。それを見て怒られないようにうまくやる妹でした」と懐かしそうな笑顔。麻生は「下はそうだよね」とし、木村も「私も次女なのでわかります」と共感した。

 怒られないよううまく立ち回っていたという長澤だったが、「やっぱり東京出てきてから色々バレちゃうじゃないですか」と苦笑い。「お洗濯ためてたりとか、中学生とかだったんで。怒られてましたね。厳しかったです」と母親の思い出を振り返る。

 続けて「(母が)やってくれるんだけど、優しい人だからなんだかんだで世話焼きなんで。なんでもやってくれるんですけど、叱ってもくれる。すごいマジメな人なんで、よく怒られてました、ちゃんとやらないと」という長澤。「早くに家出たからお母さんにどんなふうに育てられたかって覚えてないですね、あんまり。お父さんも単身赴任で家にいないことが多かったんで」とも語った。

 さらに、上京したのは14歳だったという長澤。麻生から「14歳はちょっと早いね」と驚く声が挙がり、「巻き戻せるなら20歳くらいまでいたかったです。それはちょっとまた問題か。大学で、みたいな感じになりたかったですね」との願望も。「迷惑っていうか、心配かけたなって思いますね」と母親の心境をおもんぱかりつつ、「不思議な感覚ですね」と14歳から活動した自身を振り返っていた。

 また、木村からは長澤の家族が「すごいそっくりだよね」との話も。「そうですね。家族はみんな可愛いし、かっこいいと思ってますね」と応じた長澤に「そっくりだよね。顔」と畳みかけた木村。長澤は「似てますよね。ああ、ああってなると思います、両親見て」と楽しそうな笑顔を見せていた。

9/12(日) 9:41配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/c539b37a4445a82e3c9b8bd0f23bf603549d416d

(出典 i.imgur.com)



(出典 i.daily.jp)



(出典 stat.ameba.jp)



(出典 www.sanspo.com)



(出典 thetv.jp)
?w=615


(出典 www.createatrend.com)


【【長澤まさみ】14歳で上京「巻き戻せるなら…20歳まで居たかった」】の続きを読む


浜辺 美波(はまべ みなみ、本名同じ、2000年(平成12年)8月29日 - )は、日本の女優。愛称は「ベーやん」「みーちゃん」。石川県出身。東宝芸能所属。堀越高等学校卒業。 2011年、第7回『東宝シンデレラオーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。東宝芸能のシンデレラ
132キロバイト (16,985 語) - 2021年9月2日 (木) 02:28



【【浜辺美波】吉沢亮の“とろけちゃう”至福の表情 美波もとろけた?】の続きを読む


『安達祐実』女性ファンが増えている理由…?




【『安達祐実』女性ファンが増えている理由…?】の続きを読む


高岡 早紀(たかおか さき、1972年12月3日 - )は、日本の女優。本名:高岡 佐紀子(たかおか さきこ)。 神奈川県藤沢市出身。ジョイナス エンターテインメント所属。2011年、個人事務所エアジンを立ち上げる。 幼少期から藤沢市の安田バレエ教室でクラシックバレエを習う。雑誌『セブンティーン』
45キロバイト (5,754 語) - 2021年8月27日 (金) 00:18



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/31(火) 07:32:56.73

8/31(火) 5:15配信
東スポWeb

いまも「魔性」は健在?

〝魔性の女〟を乗り越えた! 女優・高岡早紀(48)が30日、都内で行われたサウンドアトラクションエンタテインメント「よろずやBOSS探偵 K夫人の謎」の製作発表に出席した。

 同作はスマートフォンと専用のイヤホンを装着し、映像や音など特殊効果による演出を、街を歩きながら体感していくタイプのアトラクションだ。

 探偵事務所所長役を藤原紀香が務め、アトラクションの体験者が藤原とともに殺人事件を解き明かしていくというものだが、その中で高岡は殺害された男性の妻役「K夫人」を演じる。高岡は「こういう時代だからこそ、ディスタンスを取りながら体験できるし、これからの季節は散歩もいい。家族や友人と楽しむにはいいかもしれません」と笑顔を見せた。

 高岡といえばかつて〝魔性の女〟の異名を取り、今春には「魔性ですか?」というタイトルのエッセーまで出版している。芸能関係者は「いまの高岡は『魔性』という言葉をうまく受け入れている。インスタでも、年齢を感じさせない写真や、まな娘との2ショットなどをアップして幸せオーラ全開。以前は〝恋多き女〟というイメージが強く同性から嫌われがちだったが、いまでは女性から憧れられる存在になった」と指摘する。

 高岡は現在、NHKの朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演中。テレビ局に勤めるニュース番組の気象班デスクで、主人公の百音がスタッフを務める報道番組の責任者だ。

「全体的にほんわかしたムードの場面でも、高岡さんの存在がピンとした緊張感を生んでいます。ドラマでは裏方の役だが、そのおかげもあって働く女性からの共感も得られている」(同)

 酸いも甘いもかみしめた演技は〝魔性の女〟と言われてきたからこそなせる業かもしれない?


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/410c13b3e93ad12e306cbe06c39d95df354b666b


(出典 imgc.eximg.jp)
,zoom=1200,quality=70,type=jpg


(出典 saitomo0908.com)


【【芸能】高岡早紀 “魔性” を有効活用? 】の続きを読む

このページのトップヘ