アスリート


【世界陸運】“厚底シューズは規制されるべきか”…カールルイス【60】何を語った?

カール君 今は100メートル何秒で走るんだろう?

NO.9627555 2021/07/01 20:17
【60歳】カール・ルイスが語る“厚底シューズは規制されるべきか” 「公平性に不満を言うなら反論をしたい」
【60歳】カール・ルイスが語る“厚底シューズは規制されるべきか” 「公平性に不満を言うなら反論をしたい」
世界中で巻き起こった「厚底シューズ」を巡る激しい論争。規制すべきか否か。陸上界のレジェンドに意見を聞くと、アスリートやシューズについての本質を諭してくれた。
初出:Number Do 2020 vol.37 『ランニングを科学する』/2020年3月18日発売(肩書等全て当時)

 ナイキの厚底シューズは規制されるべきなのか? 2020年の年明けから、日本で、世界で、ランニングシューズをめぐってそんな論争が巻き起こった。

 背景にあるのは、昨年からナイキのヴェイパーフライネクスト%(以下、ネクスト%)が陸上長距離界を完全に席巻したという事実だ。世界のトップ選手だけでなく、日本でもMGCで男子3位までに入った中村匠吾、服部勇馬、大迫傑、そして女子2位の鈴木亜由子が着用。年明けの箱根駅伝では全体の84.7%の選手が履いたというだけでもインパクトがあったのだが、優勝した青山学院大学の選手たちが、契約するアディダスのシューズから“乗り換えて”までネクスト%を選んだ事実も「厚底一強」の印象を決定づけた。

 そんな中、1月中旬に英国メディアが「世界陸連が厚底の規制を検討」と報道。日本メディアでも記事が飛び交い、規制賛成派・反対派が入り乱れて熱い議論が交わされた。1月31日に世界陸連が「ソールの厚さは40mm以下」「カーボンプレートは1枚のみ」などの新ルールを明示し、ネクスト%、そして2月に発表された新厚底ことアルファフライもルール上OKになった。

【日時】2021年07月01日 11:00
【ソース】Number Web
【関連掲示板】

【【世界陸運】“厚底シューズは規制されるべきか”…カールルイス【60】何を語った?】の続きを読む


【アン・シネ】「ポニーテールの短パン姿」にファン歓喜の声…!

すっげー!!

NO.9610776 2021/06/25 12:23
アン・シネ「ポニーテールの短パン姿」にファン歓喜の声…!
アン・シネ「ポニーテールの短パン姿」にファン歓喜の声…!
「セクシークイーン」の異名を持つ韓国女子プロゴルファーのアン・シネが、魅力的な「短パンゴルフウェア」姿を自身のインスタグラムアカウントで公開し、大きな話題になっている。「かっこいい」「Lovely」「美脚」「綺麗過ぎる」などとコメントが殺到した。

写真は自撮りだ。狭い室内で、下は人工芝が敷かれ、右側にはハンガーラックが見え、奥は黒いカーテンで覆われている。アンはその場で片方の膝をたて、体を横に向けながら、茶色いカバーをつけたスマホで、鏡にうつる自分をパシャリ。

服装は黒の襟つけシャツに、靴は紫と白のスニーカー、そしてファンが大注目の黒の「超短パン」だ。短パンにはアディダスの代名詞である白い三本線が入っている。アンの脚に短パン焼けのあとが見えているのも、ファンの心をくすぐる。

そして何より、プロアスリートの筋肉質な太ももには惚れ惚れしてしまう。無駄な肉が一切ない。ただ、かといってボディビルダーのようにカチンコチンのふくらはぎでもない。まさに理想的な美脚であろう。

そして髪は頭部の高い位置でまとめたポニーテール。顔はスマホの画面を見ているので下をむいてしまっているが、小さく微笑んでおり、プクッと膨らんだ頬が可愛らしい。

アンはアディダスと契約しており、その美貌から2019年の秋冬コレクションで着用モデルに起用されていた。今回の投稿はPRの一環とみられる。

そしてアンは最後にこう問うた。

「What do you wear when playing golf?(あなたは何を着てゴルフする?)

これに対しファンは「adidasにしたよ~!」「Of course,adidas golf!(もちろんアディダス!)」と..
【日時】2021年06月25日 09:02
【ソース】FRIDAY
【関連掲示板】

【【アン・シネ】「ポニーテールの短パン姿」にファン歓喜の声…!】の続きを読む

このページのトップヘ